知っておきたい、審査基準がゆるくて甘い法人カードとは

審査が甘い、通りやすい法人カードとは

審査が甘い法人カード!通らない方は知って得する基準のゆるいカード

コスト削減したい!経営負担を和らげたい!
経営者にとって面倒な作業を簡素化する力を持つ法人カードはぜひとも所有したいところです。

しかし、これらの恩恵もカード発行会社がおこなう審査を通らないことには受けられません。

お金を扱う以上、カード発行会社の審査は厳しく、設立から日が浅かったり、社会的信頼がまだ低い会社であると、審査が通らないことがあります。
そんな審査に不安な経営者に朗報なのが、審査が甘いと口コミのある法人カード!

当ページでは審査の甘い法人カードを比較し、その中から厳選したハイスペックなものを紹介します。

通らない理由はこれ!審査の基準を徹底比較

法人カードによって審査が甘いという口コミがありますが、それを知る前にまず通りやすくなるための審査基準について知っておきましょう。

会社と代表者のステータス

法人カードを作る場合、審査の対象となるのは「企業」と「代表者」の2つを審査されます。

企業のステータスをチェック

法人カード発行会社が企業の審査をする際、「設立年数3年以上」「黒字経営」の2つの審査基準を設けています。

「設立年数3年」とは、そもそも設立から浅い企業では法人カード発行会社からの信頼を得るのは難しいため、審査が通らない可能性があります。 新しい会社の多くは3年を超える前に倒産します。 そのため3年を超えることで会社の経営ができている証明ができ、発行会社も安心して審査ができる訳です。

しかしこれはあくまで指標! 3年以上であっても審査が通らないことがあるので注意!
では3年以上でも審査が通らないのはなぜか、そこで注目するのが「黒字経営」です。

カード発行会社が一番心配しているのは「お金の回収ができない」状態。 例えば、利用者である私たちの会社が倒産してしまうとどうなるか。 カード会社はお金を回収できなくなり破綻します。

そうならないために審査で重要視するのが黒字経営という訳です。

「設立年数3年以上」「黒字経営」の2つを達成していれば、審査を通過しやすくなります。

代表者のステータスをチェック

会社の審査基準を達成しても、必ず審査に通る訳ではありません。 もう一つ大事なのは「代表者個人のステータス」になります。

法人カードの申し込みをする場合、法人名義でも個人事業主でも、申し込みする契約者は代表者の方になります。 そのため、代表者の過去のクレジットカード履歴が問題となることがあります。

カード発行会社は信頼できる利用者を求めています。 そのため、過去に返済トラブルがあった方だとブラックリストに記載されてしまい、審査が通らないこともあります。

そうはいっても過去のことなので取返しがつきません。 カード発行会社では、一般的に個人情報の所持は5〜10年と言われています。 よって、この期間を過ぎた場合は審査を通ることができるかも知れません。

「審査が通らない」を解消する3個の裏ワザ

審査は「業歴3年」「黒字経営」「代表者ステータス」。
設立から浅い会社ではどれも難しいラインです。

さて、それでも法人カードの審査に通りたいという方向けに、「審査が通らない」を解消するちょっとした裏ワザがございます!

重要なのは「信用の獲得」!

高評価のクレジットカードを持つ代表者

法人カード発行会社が利用者に求めているのは信頼。 それを簡単に得る方法として、高評価のクレジットカードを所持する方法があります。 普段利用するクレジットカードで信用を獲得していれば、そのカード会社が発行する法人カードの審査は通ることがあります。

会社専用の固定電話を設置

法人カードの申し込みには、代表電話番号の入力フォームがあります。 そこに固定電話の番号を記入すると、電話加入権を得ている証明と、社員が常駐している証明ができ、信用を得られます。

法人カード会社からの勧誘による申し込み

法人カードは私たちから申し込む以外にも、空港や主要駅でカード発行会社がおこなう勧誘から申し込めます。

絶対とはいえませんが、勧誘はノルマが存在している可能性があり、審査基準が甘いという口コミがあります。

上述してきた審査基準を達成できていない方はこちらで審査の申し込みをすることをおすすめします。

審査が甘いと口コミのあった法人カード

審査を通りやすくするための裏ワザを話しましたが、ここでは審査が甘いと口コミのあった法人カードを紹介します。 審査が甘いで名前のあがった中からさらに機能面の優れたカードを厳選して3枚紹介します。

カード名 アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード JCB一般法人カード オリコ EX Gold for Biz
券面

【審査が甘い】アメックス・ゴールド

【審査がゆるい】JCB

【審査が通る】オリコEX Gold

初年度年会費 無料 (今だけの入会特典) 無料 無料
次年度年会費 31,000円 (税別) 1,250円 (税別) 2,000円 (税別)
ポイント還元率 0.40% 0.48% 0.6%〜1.1%
ANAマイル還元率 0.50% 0.30% 0.30%
JALマイル還元率 0.50% 0.30% 0.25%
利用限度額 審査による 10万円〜100万円 10万円〜300万円
海外旅行傷害保険 最高1億万円 最高3,000万円 最高2,000万円
国内旅行傷害保険 最高5,000万円 最高3,000万円 最高1,000万円
ショッピング保険 年間最高500万円 年間最高100万円 年間最高100万円

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

認知度、ステータス、評価。
どれを見ても高水準を意識しているゴールドランクの法人カード「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード」。

世界的に認知度の高い法人カードで、日本でもクレジットカードの利用を考えたことのある方であれば誰でも一度は聞いたことのあるアメリカの大企業「アメリカン・エキスプレス」が発行しているゴールドカードです。

本拠地であるアメリカを拠点に元々は旅行事業を手掛けている会社で、銀行事業や投資信託をはじめとする事業を拡大することで大企業へと上り詰めました。 クレジットカード事業もその中の一つです。

現在では、世界140ヵ国以上、7,800万人以上のカード会員数を誇っており、安心してご利用できるカードです。 また、そういったアメックスへの信頼から利用者の間では上質なカードとしてのブランドイメージがあり、所有していることで自社の信頼性を他社に示すことができるカードといわれております。

比較表からも分かる通り、高いステータス誇るアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード。 雰囲気からも審査が厳しいと感じてしまう重厚感があります。

しかし審査が通った方々からの口コミでは、「設立1年未満の会社ですが通りました」という声が多数ありました! 実はゴールドランクの法人カードの中でも審査が甘いことで有名だったのです!

上質なカードとして信頼を持てるアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード。 設立からまだ浅い会社の方は、ぜひ一度審査されてみてはいかがでしょうか?

JCB一般法人カード

有料法人カードの中では、最も年会費の安いJCB一般法人カード。
初年度は無料、次年度から1,250円という格安の年会費で利用できるにもかかわらず、ポイント還元率は0.48%、旅行傷害保険はどこで事故が起きても最高3,000万円の補償が得られます。

使い勝手の良いJCB一般法人カードですが、審査は他社と比べると甘いという口コミがあり、設立1年未満でも通ると言われています。 法人カードの申し込みをする代表者様の過去に、返済トラブルなどの金融事故を起こしていなければ比較的通りやすいカードとなっております。

オリコ EX Gold for Biz

年会費が有料の法人カードの中で、JCB一般法人カードと共に格安の値段で提供されているのがオリコ EX Gold for Biz。

オリコ EX Gold for Bizも、年会費が2,000円でありながらポイント付与が最高1.1%と高還元率であり、法人カード初心者の方に使いやすいことから絶大な人気を誇っています。

利用限度額は最高300万円まで可能など、経費の支払いが多いが年会費は安く済ませたい経営者には嬉しいスペックです。

ハイスペックと年会費の安さを併せ持つ最高のカードとして有名ですが、審査はゴールドランクの中でも甘いことで有名です。 「設立から2年未満でも通った」という口コミがあるので、初めて法人カード持つため不安があるという経営者におすすめです!

審査が甘い法人カード比較ランキング


ホーム RSS購読 サイトマップ